Columnソープランドコラム

男性が押さえておくべき性病リスクの考え方.2

ソープで働く女性の方が性病の不安を抱えている 


ソープランドで働く女の子は、お客様よりも何倍も性感染症を心配しています。


みなさんが不安になる以上に、ずーっと不安なのです。


そもそも、女の子達はお客様から病気を移されるからです。


皆さんは万が一性病にかかっても仕事を休むことがあんまりないし、


もし休んだとしても有給休暇ならば所得に影響が出ません。


しかし、女の子たちは治療中間違いなく収入をなくします。


特に最近の中洲ソープは定期的な性病検査を義務付けているお店も増えていて、


何か異常が見つかれば出勤停止、治るまでは一切の出勤を許されません。


性感染症対策を徹底しているゆえ、何かあった時には一切の収入を絶たれてしまう不安があるのです。


 


風俗店で感染しないための予防と対策


1.本番が無いヘルス店でも生フェラやキスをしている限り、性感染症にかかるリスクは全く同じです。


特にヘルス店や激安のデリヘル店は1人の女の子が1日にお相手するお客様はソープ店よりも多く、逆にソープランドの方が性病のチェックを一番真面目にやっています。


できる限り、コンドームは最初からつけるようにしましょう。


2.体調の悪い時には絶対に風俗へ行かない。(大変感染しやすい)


3.多数の女の子と遊べばそれだけ罹患の確率が上がります。


同じ女の子に通うのが、感染の危険を減らす一番の方法です。


4.「清潔さ」をしっかりチェックしていますか?


即プレイを売りにしたお店は大変興奮しますが清潔を保たれていない状態では、


お互い(女の子も)病気になるリスクが上がります。


あるいはシーツを変えているのかいないのかすらよくわからない、「価格だけ安いホテル」を使っていませんか?


ソープランドやトクヨク店を利用するのであれば、古いのはともかくとしてきちんと清掃が行き届いたお店を使うべきですし、デリヘルを呼ぶのであれば清潔なホテル(欲を言えばシティホテル)を使うべきです。


5.プレイが終わった後も清潔にしましょう。


プレイの前後に女の子とシャワーやお風呂に入ると思いますが、お別れしたあともう一度ゆっくり入浴し、手洗いや歯磨きも併せて行いましょう。


 


異常を感じたらすぐ病院に


性感染症に関する意識が低い日本では、病院に行くことを恥ずかしいと思ってしまう人が多いです。そして何の根拠もなく「自分は大丈夫だろう」と思ってしまいがち。


しかし、いつどこで性感染症にかかってしまうかは分かりません。


自分の身を守れるのは自分だけなんです。


風俗が好きな方や、働いている女の子は特に性感染症に敏感になる必要があります。


定期的な検査を受けることをおすすめします。


近年では、病院にわざわざ行かなくても自宅で匿名で性病をチェックできる「性病検査キット」というものも流通しています。


 


意識の高いお店を選ぶ


万が一のことを考えて女の子に定期的な性病検査を義務づけている、そのような風俗店が近年増えています。女の子に対して、「検査の結果を書面で提出しなければ出勤できない」という厳しいルールを課しているお店もあるようです。


そのようなお店では、多くの場合オフィシャルHPで性病検査の取り組みについて明記しています。遊びに行く際、事前にチェックしてみてはいかがでしょうか。


このように、お店の取り組み、そして遊びに行くお客様自身ができる取り組みはさまざま。健康に楽しく遊ぶために、ぜひ参考にしてみてください。

カテゴリー:ソープランド・風俗 投稿日時:2019年08月21日
  1.  

カテゴリー

アーカイブ

オススメ記事