Columnソープランドコラム

ソープ嬢にどう接するべきか?

中洲のソープランドで遊びたいけど女の子とどう接していいのかわからない。ソープ初心者だと思われたくない。そんな不安を持っている方に女の子に嫌な思いをさせず、また来て欲しいなと思わせるような方法をお教えします。ソープランドは接客業とはいえ、男ならやはり女の子に「よく思われたい」と願うものです。
女の子に好かれたときの男の喜びは、ある意味性行為の満足をも上回るほど強烈な優越感に浸れるものです。ソープ嬢も一人の女性ですので、自分が気に入ったお客にはサービスもよくなるもので、こういった良好な関係性をつくるのも「ハイレベルな遊び方」と言えるでしょう。
飲食店などでもそうですが、「上客」と見なされたお客は確実にいい思いをするのが現実です。


とにかく清潔感が大切


身だしなみ。これは基本中の基本です。
いくら仕事とはいえ、肌を合わせますのでこれはエチケットです。
ソープ嬢だけでなく女性全般が不潔な男を嫌います。
まずは髭を剃って、爪は短くまず身なりを整えましょう。無精髭は不潔な印象を与えるのでNGです。そして髭が伸びていると、女性器に口をつけたときに、嬢が痛がります。なので基本、髭はないほうが良いです。また伸びた爪は、女性器の中を数つけてしまう可能性大です。口臭や体臭などにも気をつけておくとずいぶんとウケが変わります。行く前に歯磨きをしていきましょう。そして、シャワーなども浴びていくようにしましょう。そうすることによって、相手に不快な思いをさせることがなくなります。歯磨きというのはまさに基本であり、場合によっては直前で陰部を拭く、ということくらいはしたほうがよいといえるでしょう。服装などもカジュアルで構いませんが、清潔感があるものが良いでしょう。
ソープ嬢は「太いお客」と「細いお客」を見極めますので、リッチな風体のお客にはサービスも良くなりがちです。
一個でもブランド物をつけていけば印象は見違えるように変わるでしょう。


プレイは紳士的に優しく


ソープはお金を支払って性の解放をしにいくところですので、その目的は叶えたいものです。
それはコンパニオンのほうでも十分に理解していますから、どんどんとリクエストをするのがいいでしょう。60分や120分などの短い時間で、こちらの性感帯を理解してもらおうと思えば、言葉のコミュニケーションがなくては難しいのです。ただ責め好きの男性に激しすぎるプレイをする方がいますが、女性の体はデリケートです。
ソープ嬢は一日に何人ものお客を相手にしますから、ほどほどにしておいたほうがよいでしょう。
紳士的な振る舞いはコンパニオンに好かれる必須条件です。


ソープ嬢のプライベートは完全NG


風俗という仕事にこだわりやプライドを持っている女の子はたくさんいます。しかし残念なことに世間的に見ればそう大きな声で言えるような職業ではないし、女の子自身も周りに隠して仕事をしている場合が多いです。そのため彼女たちは風俗嬢としての自分とプライベートな自分を繋げるような情報は話したくないものです。それなのにお客様が「どこに住んでるの?ここから近いの?」だとか「俺だけに本名教えてよ」なんて個人情報を聞き出そうとするのはナンセンス。一気に風俗嬢からの信頼がなくなりサービス対象外の男になってしまうので絶対NGです。もちろん料金を支払っている以上客であることは変わりありませんが、故意にしつこく聞いていると店のブラックリストに入ってしまう可能性があります。たまに女の子がLINEを教えてくれることがありますが、これはあくまで「営業用」です。
いくら気に入ったコンパニオンと遭遇したからといって、こちらからしつこく携帯番号やLINEIDを聞くのはご法度です。
もちろん「店外デート」などはありませんし、トラブルの原因ともなります。


時間厳守で


当たり前ですが時間には十分な余裕を持っていきましょう。遅れた分はそのままプレイ時間を削られることになります。あまりに早く行き過ぎることにもよいことはないのですが、15分前くらいを意識しておくとよいでしょう。ルールをきちんと守っていれば、ソープ嬢に嫌われる事はありません。安くはないお金を払って遊ぶのですから、お互い気持ちよく楽しい時間を過ごしたいものです。マナーを守っていれば、最高の女の子と最高の時間を味わえること間違いなしです。

カテゴリー:ソープランド・風俗 投稿日時:2019年06月11日

カテゴリー

アーカイブ

オススメ記事